2010年10月02日

ガンダムSEED



ファースト世代の私達からすると邪道という声も多い、ガンダムSEED。
確かにガンダムっぽくはないかもしれないんですが、私は好きなアニメです。


何より主役機体の「ストライクガンダム」が、角ばっててカッコイイのが良い(笑)
換装システムとPS装甲っていう設定も良いですね。
続編であるガンダムSEED DESTINYの方がカッコイイ機体は多いのですが
登場期間が長いせいか、SEEDの機体の方が存在感があります。


個人的に好きな機体は

・ストライクガンダム
・バスターガンダム
・M1アストレイ

この3体ですね。この3体は、とにかくカッコイイ。


ただ、個人的に気に入らないのが
敵も味方もラスボスすらも、全てガンダムであるところ。
M1アストレイも立場的にはジムでありながら頭がガンダムタイプ。
カッコイイけど、ここは気に入らない。

ちなみにこんな感じ。





ストーリー的には
・ナチュラル
遺伝子操作をされていない普通の人間。主に地球に住んでいる(?)

・コーディネイター
遺伝子操作されて生まれた人間。
基本は運動神経、頭脳全て優秀だが子供が生まれにくい。
主に宇宙のコロニーに住んでいる。


ナチュラルの中でもコーディネイターを排斥しようとする勢力があり
その勢力がコーディネイターのコロニーに核ミサイルを撃ち込んだ事より戦争が勃発。
(厳密には、その前の爆破テロらしいけど作品上では説明なし)
報復として、プラントは核攻撃を封じるため、核分裂を抑止するニュートロンジャマーを
地球上に散布。核だけでなく、原子力発電も行えなくなったことによって
地球上は深刻なエネルギー不足に陥り、多数の死者が出た。


コーディネイター軍が持っていたモビルスーツが多大な戦果を揚げ
地球軍も対抗するべくモビルスーツの開発する。
そのMSを秘密裏に開発していたコロニーに主人公は学生として住んでいた。

モビルスーツの開発を知ったコーディネイター軍は、そのコロニーに軍を送りこみ
完成したモビルスーツの奪取を計る。
戦場と化したコロニー内を、主人公は逃げ惑う内にMS工場へとたどり着き、
奪取部隊と鉢合わせしてしまう。
そして奪取部隊の中には幼少の頃別れた親友がいた・・・
(主人公、親友ともにコーディネイターです。)

こんな感じで始まります。
あとはお決まり(笑)のストライクガンダムに主人公が乗り込み
奪われた4体のガンダムと戦いです。
当然、そのうちの1機には親友が乗り込んでいます。

主人公はナチュラルである大学の友人達を守るため、
親友は軍人として、そして同じコーディネイターである主人公を
自軍に引き込むために戦いを続けていきます。


主人公も、親友も何のために戦うのかと考えながら
お互いを憎まざるを得ない状況が訪れます。
それを晴らす戦いが終わった時、主人公と親友が出した答えは・・・



という感じで物語の後半に繋がっていきます。



あと、このアニメで一番の名言だなーと思うのは


「気持ちだけで、一体何が守れるっていうんだ!」

ですかね。
確かに・・・としか言えない。
まぁ、ストーリー構成で、?と疑問に思ってしまうことも
あちこちに散見されますが、そこまで気にせず
娯楽として楽しんでいれば良いと思います。続きを読む
posted by 毛根チャンス at 11:55| Comment(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。